Live in Korea~韓国生活情報ブログ~

韓国に住むライターが書く、韓国情報のおすすめです★

*

【韓国 グルメ】ブログから発信!家庭料理の簡単なキムチチャーハン

      2016/04/19

 

韓国といえば【キムチ】!!
 
もう知らない人なんていない、韓国人のソウルフード。
 
日本のスーパーにもとっくの昔から陳列されているし、日本の一般家庭の食卓に並んでも珍しくもなく…。
 
 
そして、食べきる前に傷み始め、酸っぱさが増し、「どうなの?これもうダメかな?白菜白くなくなってちょっと半透明だし…」となったキムチ。
 
そんなキムチのおいしい食べ方代表、 「キムチポックムパプ(チャーハン)」!これももう多くの方々がご存知&実践済みではないかと思います。
 
 
それでも今回、あえて【傷んだキムチのおいしい食べ方シリーズ】を記事にしてみることにしたのは、我が家のレシピは、『韓国人の夫直伝』だからです(笑)。
 
 
なんでしょうね。男 の料理って「うまっ!!」ってなるんですよね。自分でやるよりおいしいんです。
 
 
前書きはこのくらいにして、我が家の【キムチチャーハン】の作り方を紹介していきます。
 
 
 
☆材料☆ がっつり2人分
 
・酸っぱくなったキムチ   200gくらい
・ハムかソーセージ(豚肉等お好みで) 100g程
・玉ねぎ       4分の1
・コチュジャン    小さじ1   
・潰したにんにく  小さじ1
・ごま油       大さじ1
・ごはん       3杯分くらい
・コショウ、塩    少々
・卵          目玉焼きにするので人数分
 
 
 
(分量はすべてお好みで調 節してくださいね。家では大体このぐらいですが、チャーハンって冷蔵庫にある物でちゃちゃっとやるものなので、正確な分量は計っていません。)
 
 
 
☆作り方☆
 
.材料を切る。
 
キムチを大き目のみじん切りにします。(5mm~1cm位)
 
 
 
 
ハムやソーセージも5mm四方くらいに切り、玉ねぎもキムチと同じくらいにきざみます。
 
 20160307_110639
 
 ※日本製のキムチは白菜自体に水分が多いので、軽く水気を切って調理しましょう。
 
 
2.コチュジャン、潰しにんにく、ごま油を混ぜ合わせます。
 
※韓国料理ではその料理の主な味付け材料を、予め混ぜ合わせておくことがよくあります。(この混ぜ合わせた物をヤンニョム ジャンと言う。)
 
20160307_111538
ぶっちゃけ、韓国料理って大体味つけ一緒なので、このヤンニョムジャンを多めに作っておいて、他の料理にも使ったりします。(結構便利)
 
あ、もうちょっと詳しく説明すると、今回のようにコチュジャンとにんにくだけを混ぜたものは『タデギ』と言うそうです。更に味噌やねぎなんかが混ざると『サムジャン』と呼ばれるようになります。
 
醤油、にんにく、ごま油、粉唐辛子を混ぜた物が、THEヤンニョムジャンって感じですね。
 
 

 
 
3.炒める。
 
油をひいたフライパンで、玉ねぎ、ハム、キムチを炒めます。
 
20160307_111943
 
玉ねぎが透明になるくらいまで炒め、ヤンニョムジャンを入れ更に炒め、コショウを軽く振ります。
 
20160307_112023
 
 
20160307_112117
 
 
4 .ご飯を入れて炒める。
 
万遍なく赤く(朱色っぽく)なるまで炒める。
味を見て、うすく感じる時は塩を少し振って調整します。
 
 
 
ここでポイント!!
 
炒めて、完成~となってから、まだ火を止めず、チャーハンを全体的に軽くフライパンに押し付けて弱火にします。
夫曰く、あえて微妙に焦がすのが、コツだそう。
 
 同じ材料でも、夫のつくったのがおいしいのはココの差でした(笑)
 
 20160307_112951
 
ほんとに軽くですよ。写真でおわかり頂けるでしょうか…。
 
すでに赤く色づいているのでわかりにくいかと思いますが、ちょっとキツネ色になるくらい。
 
下になっている面だけでOKです。
 
 
この間、できれば目玉焼きもつくっておきます。
 
20160307_112916 
 
 
5.盛り付けて完成!!
 
 
 
おいしくいただきま~す(^O ^)
 
 
どうでしょう。適当過ぎてわかりにくかったでしょうか(^^;)
 
もしかしたら、私だけが知らなかった、実は皆さんご存知の作り方だったらどうしよう…とドキドキしていますが…。
 
あ!!一番大事な事を書き忘れていました!!!
 
キムチチャーハンは、【酸っぱくなった(傷んだ)キムチ】で作らないとおいしくないですよ!!。
 
まだ新鮮なキムチでやると、べちゃべちゃでなんだか残念な仕上がりになってしまします(経験者)
 
キムチの量もお好みで変えてもらっていいのですが、たくさん入れれば入れるほど、おいしくなるってもんでもないです。
 
ご飯よりキムチが多い、となると、韓国人でも残してしまいます。(も ちろん人によりますよっ。)
 
あと、レシピ中にも注意書きしていますが、韓国と日本では白菜の質自体が違うので、水気の調節には注意が必要です。
 
日本の白菜はみずみずしく韓国の白菜はシャキッとしています。しかもデカイ。
 
 
それでは終わりに。
 
正直役に立ったか自信のないレシピではありますが…懲りずに他のキムチレシピもまた書いちゃう予定です(笑)
 
自分でシリーズ化することにしちゃってますからね(汗)
 
おいしくできた!と喜んでいただければ幸いです(^^)。

<

管理人が運営するネットショップ★

韓国から送料無料!

k-selectshop

 - 韓国料理のレシピ