Live in Korea~韓国生活情報ブログ~

韓国に住むライターが書く、韓国情報のおすすめです★

*

人気の韓国ドラマ☆太陽の末裔4話~あらすじ~

   

太陽の末裔 4話目 ~~あらすじ~~

 

連盟議長のボディガードに銃を向けたシジン達。

 

「今から医療チームと患者の保護が我々の第一任務だ。相手側が威嚇してきたら射撃を認める」

とチーム員に伝えます。

 

その間にアラブ連盟議長の手術を進行します。

 

予想していた通り、議長のカルテが症状のすべてではないことがわかり、医者としての義務感でモヨンが開腹手術をします。

 

そして手術は無事に成功し、患者の主治医も到着。

4-1

 

しかし、司令官は命令に従わなかったシジンに補職解任を命じ、領地内に拘禁します。

 

領地内の倉庫に拘禁されたシジン。モヨンにわずかな面会時間を与えます。

 

 

モヨンは泣きながら倉庫のドアに座り込みます。

 

ドア越しにシジンが

 

「言ったでしょ。美人と高齢者と子供は助けなきゃいけないって。

 美人と高齢者が目の前に2人もいるのに助けないわけにはいかないでしょ。

 今日は本当に勇敢でしたよ…」

 

と一言。

 

4-2

 

その日の夜、アラブ連盟議長は意識を取り戻し、安心します。

 

一方、デヨンは命令を受け急きょ韓国に帰国しちょうどそのころ、父の反対を押し切ってデヨンに会いに行こうとするミョンジュに再会。

 

4-3

 

デヨンを見つけては

 

「私が探してた人だ…でもなんでここに。どこ行くんですか?また逃げるのかって聞いてるんです!」

 

と近づくミョンジュ。

 

<

 

冷たく事務的に接するデヨンに腹立たしくなるミョンジュ。

 

「(ウルクは)蚊が多いから…暑くても軍服は着てください」と抱きしめるデヨン。

 

離れるのは辛いけどデヨンは仕方なくその場を立ち去ります。

4-4

 

その頃ウルク部隊では、アラブ連盟側からメディキューブが訪問。

 

手術に関連するすべての記録を消すように要請し、シジン大尉と関連した懲戒や表彰はせず、軍の意思に任せると言います。

 

したがって司令官はシジンの拘禁を解除し、通常通り業務を進行するよう命じます。

 

 

それを聞いたモヨンはシジンのもとに向かいます。

 

 

無事助かったアラブ連盟議長はモヨンとシジンを呼び、感謝の意を伝え、アラブに滞在中は何かあったらいつでも助けるといい名刺を渡します。

 

 

その名刺で車を替えるシジン。

 

「男のくせに野望ってもんがないの?石油がそこらじゅうある国で車なんか借りちゃって」

と怒るモヨン。

 

しかし、シジンは部隊に戻るまでの時間モヨンとドライブデートができると嬉しそうな表情を浮かべます。

 

4-5

 

しかしデートの途中「戦友が死んだ」と電話が着てすぐに向かいます。

 

写真を見ると戦友たちとの思い出がよみがえり、追悼します。

 

 

翌日、シジンは軍本部に出動し軍のルールに従わなかった点に対し3か月の懲戒を受け、予定されていた昇進も審査から外されるはめに。

モヨンはシジンの懲戒に対して司令官に抗議しに行きます。

 

それに気づいたシジンはモヨンを連れ出し

 

「あなたのせいじゃありません。僕が女を助けるためにしたとでも?自分で下した決断に後悔してませんから」

と告げます。

 

 

それを聞き、モヨンは一人で先に部隊に戻ります。

 

シジンは夕方になって戻ってき、デヨンが準備していたワインを取り出し飲もうとしたところ、水を飲みに来たモヨンと出くわします。

 

 

その場をすぐ立ち去ろうとするモヨンを引き留め、

「一緒にいたいって何回か行ったと思うけど…こっちにきなよ
 水の代わりにワインでもどうですか?」

 

というと瓶ごと奪いそのままラッパ飲みするモヨン。

 

こっそり一人で飲むつもりが、モヨンにばれたからとワインを飲まないシジン。

 

 

モヨンの姿をシジンがただずっと見つめます。

 

 

視線を感じたモヨンは「すっごく飲みたそうですね」というと

 

シジンは「(ワインを飲む)方法が無くはない」とキスをします。

4-6

 

5話に続く…

 

ワインを飲んでキスをするシーンは、このドラマの名場面の1つに入るほど反響がありました。

 

バラエティでもパロディをするほど人気を集めていましたが、キスに至るまでにモヨンとシジンが交わす会話を見ていきましょう。

 

 

3話でのセリフポイント♪

 

2人がまだ韓国に居る時、一緒に映画をみる約束をしますが、結局見られずに終わってしまいます。

 

そして、シジンの「その後映画は見たのか?」という問いに対しモヨンが答えます。

 

「누군가와 같이 보려고 한 영화니까요.그리고 생각했죠. 다음에 남자랑 영화볼 때 재미있는 영화 피해야 겠다…」

 

「ヌグンガワ カッチ ボリョゴ ハン ヨンファニッカヨ。クリゴ センガッケッチョ タウメ ナムジャラン ヨンファ ボルッテ チェミンヌン ヨンファ ピヘヤゲッタ」

 

「誰かと一緒に見ようと思っていた映画ですから
それと思ったんですけど、今度男と映画見る時は、面白いのは避けようって。」

 

☆POINT☆

누군가 :누구が「誰」、가を付ける事で「誰か」になります

려고 한(려고 하다):~ようとした(~ようとする)

다음:「今度」「次」など未来を表します。

피하다:「避ける」という意味

 

モヨンは4話の時点ではあまりシジンに対しての気持ちを表現はしていませんね。

 

しかし、このセリフでの「誰かと」というのはもしかしたらシジンを指しているのかも?

 

2人の恋愛がどんどん発展していくきっかけになった4話でした。

 

 

14294

 

 

 

 

 

管理人が運営するネットショップ★

韓国から送料無料!

k-selectshop

 - 韓国ドラマ