Live in Korea~韓国生活情報ブログ~

韓国に住むライターが書く、韓国情報のおすすめです★

*

韓国ドラマ「太陽の末裔」のあらすじをブログで紹介☆第12話☆

      2016/09/29

太陽の末裔 12話目 ~~あらすじ~~

 

モヨンを助けにきたシジン。

 

アグスのアジトに潜入し、そこで人身売買されそうな子供たちを発見。

 

アグスの部下たちを一人ずつ処理しますが、部下の一人が人身売買の子供を人質にシジンの攻撃を止めます。

 

そこで後ろから現れたアルファチーム。

シジンのことが心配でデヨンが作戦を立てて隊員たちと助けに来ました。

 

%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%8d%ef%bc%91

 

感謝の意はあとですることにし、アルファチーム隊長のシジンは人質(モヨン)の救出に向かいます。

 

約束の時間になりモヨンを連れてシジンに会いにいくアグス。

ついにアグスと対面するシジン。

 

退路の確保をしたので約束を守れと命じます。

しかし目の前にいるモヨンは顔に怪我をしていました。

 

それを見て怒りがこみ上げたシジンはアグスに銃を向けます。

シジンは怒り、射撃命令を出します。

 

デヨンはアグスに銃を向けている状態ですがアグスは余裕満々の様子。

 

アグスは自分が安全に到着するため、モヨンに爆弾のついたベストを着せていました。

 

アグスの手にあるリモコンが落ちた瞬間自爆するという状況。

そのためむやみに射撃できない状態です。

 

 

しかし他の隊員がモヨンの肩にある装置を見つけ、それさえ除去したら爆発は免れる事がわかります。

 

シジンはモヨンの肩の装置に狙いを定め射撃します。

 

モヨンのベストは爆発しなかったものの、完全に止まったわけではなく爆発まで残り30秒しか残っていません。

 

幸い、隊員が爆弾を除去し、窓の外に投げます。

その瞬間外で爆発するベスト。

 

デヨンに撃たれたアグスはまだ意識があり、最後の力をふりしぼってシジンとモヨンに銃を撃ちます。

 

モヨンを助けようとシジンが代わりに銃に撃たれます。

 

防弾チョッキを着ていたため大けがには至らなかったシジンはモヨンの目を覆い、アグスに銃を向けます。

 

%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%8d%ef%bc%92

 

涙を流しながら何度もアグスを撃ち、結局アグスは死にます。

 

アグスが悪党に変わり果てたといっても、昔は尊敬するデルタホースの隊長であり先輩であった存在。

 

シジンの中での葛藤が涙として表れました。

 

 

そしてモヨンとシジン達はアラブ大統領にお願いしていたヘリでウルク部隊に戻ります。

 

デヨンたちが到着したことを聞いて起きたミョンジュは素足でデヨンのもとにかけよります。

 

生きて帰ってきたデヨンと再会を果たすミョンジュ。

 

一方、アグスとの写真を燃やすシジンの姿をただ見る事しかできなかったモヨン。

 

%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%8d%ef%bc%93

 

その場を去り医療チームの元へと行きます。

 

モヨンは医療チームに肩のけがを治療してもらいながら、自分の居場所に戻ってきたことに安堵し泣きだします。

 

翌日になってモヨンはシジンに今の思いを話します。

 

日常的な話もできず、シジンには嘘に嘘をつかれ、平凡な恋愛がしたいのにできない。

シジンが命をかけて仕事をしていることを昨夜目の前で見たことによって、これからどうしていいか分からない様子。

 

「俺と別れたいんですか」

 

と言いたくないが言ってしまったシジン。

 

「私が耐えられる男なのかっていう思い…」

と言い残しその場を立ち去ります。

 

そしてモヨンの頭の中にはアグスの

「ビックボス(シジン)は賢くてユーモラスで神秘的だ。

でも、彼は秘密が多い。
たまに姿を消したり、連絡が取れなかったり、そうしたらいつか…
永遠に戻ってこないだろう。」

という言葉だけが残っていました。

 

モヨンは韓国に戻る前の最後の回診をします。

 

ミョンジュの回復が早いことに安心し、ウイスル感染の事件を乗り越えた2人はいつの間にか以前より仲良くなった様子。

 

1人で頭の中の事を整理したモヨンはシジンにコーヒーを飲もうと誘います。

 

シジンは自分が振られるのではないかという思いで向かいますが、モヨンはシジンを慰めようと初めて自分からシジンに抱きつきます。

 

そしてシジンの事を信じると決意したモヨン。

 

お互いに同じ気持ちで入れる事がうれしく二人はいつまでも抱き合っていました。

 

モヨンはシジンにパティマの後援者をダニエルにお願いしようとしていましたが、代わりにシジンが良くいっていたレストランのオーナーに任せることに。

 

そして韓国に戻る前にモヨンはパティマとお別れの挨拶を済ませます。

 

ウルクでの最後の日。以前一緒に行ったことのある海岸から持ってきた石をシジンから受け取ります。

 

%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%8d%ef%bc%94

 

韓国に戻る前に、ウルクに居る全員で記念写真を撮ります。

 

%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%8d%ef%bc%95

 

そうやって日常に戻った医療チーム。

初出勤のような気分で病院に復帰します。

 

13話につづく…

 

 

12話でのセリフポイント♪

 

12話では死に直面しているシジンに対し、心配や複雑な思いが募っていましたが、今の気持ちを正直に話すモヨンのセリフが印象的でした。

 

「유시진씨가 좋아죽겠어요
왜냐하면 한순간도 비겁하지 않고, 내가 본 모든 순간 명예로웠고
내가 본 모든 순간 잘 생겼어요 .이의 있어요?」

 

「ユシジンッシガ チョアチュッケッソヨ。
ウェニャハミョン ハンスンガンド ビゴッパジアンコ、ネガボン モドゥンスンガン
ミョンエロウォッコ ネガボン モドゥンスンガン チャルセンギョッソヨ。
イウィイッソヨ?」

 

「ユシジンさんが好きすぎます。
だってひと時も卑怯じゃないし、すべてが誉れある行動で、今まで見た全てが格好いいです。意義ありますか?」

 

 

 

☆POINT☆

 

~죽겠어요…「~すぎて(死にそう)」前の言葉を強めたいときによく使います。

왜냐하면…「なぜなら・だって」理由を述べるとき必要ですね。

비겁하다…卑怯だ

 

韓国に戻る前に世界中でシジンが一番すきだと宣言したモヨン。

 

この気持ちがシジンにはどのように響いたでしょうか。

 

モヨンたちは韓国に戻り12話は終わります。

 

13話以降はまた違った発展が期待できそうですね。

 

 

14294

 

 

<

 

 

 

管理人が運営するネットショップ★

韓国から送料無料!

k-selectshop

 - 韓国ドラマ