Live in Korea~韓国生活情報ブログ~

韓国に住むライターが書く、韓国情報のおすすめです★

*

太陽の末裔のあらすじをブログで紹介☆第2話☆

      2016/07/04

太陽の末裔2話目~あらすじ~

 

2016-06-27 11.10.32

 

シジン(ソン・ジュンギ)は自分のミッションを果たし、カン先生(ソン・ヘギョ)もまた手術を終えます。

 

そして「週末にデートをしよう」という約束を果たすためにシジンとカン先生は映画館にデートをしに行きますが、約束の2時間も前にカン先生をシジンは迎えに行きます。

 

無事2人で映画館に行って座るのですが、またシジンに電話がかかってきて、シジンはカン先生にミッションを果たしに今行かなければならないと告げます。

 

カン先生は一人映画館に取り残され、またデートはできずに終わってしまいます。

 

後日、シジンはカン先生の元を訪れ、デートの約束をまた破ったことについて謝りますが、カン先生は「謝罪ではなく、説明を聞きたい」と告げます。

 

けれどなにを聞いても「規定上、説明はできない。」の一点張りのシジン。

 

医者として生命のために戦うカン先生と、軍人として死を覚悟して生命を守るシジン、2人の仕事と立場は真反対のものでした。

 

「期待していたような出会いではなかったですね」と告げ、カン先生はその場を去ります。

 

 

そこから連絡を取ることも会うこともなく8か月が過ぎます。

 

カン先生は病院の理事長にデートに誘われますが、ついた先がホテルでこれから何をするのかと理事長に対して怒り、その場を去ります。

 

カン先生に腹を立てた理事長は、カン先生をウルクに飛ばします。

 

そのウルクには、なんとシジンも軍の命令で飛ばされていて、2人はウルクで再会することになりますが・・・。

 

以上、2話のあらすじです。

 

2話の会話の中での韓国語としては

 

カン先生がシジンに「私のこと考えましたか?」と聞いたとき

 

난 많이 했죠, 남자답게(ナン マニ ヘッチョ、ナムジャタプケ)」(僕はたくさんしましたよ。男らしく

 

まず、난(ナン)は나는(ナヌン)の省略形です。意味はどちらも「私は、僕は」という意味です。

 

日本のように女子と男子で「わたし、僕」のように。

 

自分のことを言うときに性別で使い分けず、男女関係なく나(ナ)を使います。

 

~ 죠は、~지요の略語で、動詞や名詞などの語尾につくと「~でしょう」という意味になります!

 

나는 태어나서 지금이 제일 설레요. 미인이랑 같이 있는데 불꺼지기 바로 직전

 

(ナヌン テオナソ チグミ チェイル ソッレヨ。ミイニラン カッチ イッヌンデ プルコジギ パロ チクチョン)」

 

僕は生きていて今が一番ドキドキします。美人と一緒にいて、明かりが消えるその直前。)

 

제일(チェイル)は一番という意味で、一番好きですなど、言うときによくつかわれます!

 

미인(ミイン)は美人という意味です。

 

같이 (カッチ)は一緒という意味で、一緒に行く、一緒に食べる、一緒にするなど、様々な場面で使われます!

 

シジンは性格上、自分の気持ちをストレートにくさいセリフで言います。

 

そのくさいセリフがたまらないんですよね~!

 

韓国人女子もシジンのくさいセリフにどっぷりハマっている人ばかりでした!

 

3話目も楽しみにしていてください^^

 

<

 

100

 

管理人が運営するネットショップ★

韓国から送料無料!

k-selectshop

 - 韓国ドラマ