Live in Korea~韓国生活情報ブログ~

韓国に住むライターが書く、韓国情報のおすすめです★

*

韓国ドラマ「太陽の末裔」のあらすじをブログで紹介☆第15話☆

      2016/10/03

太陽の末裔 15話目 ~~あらすじ~~

 

ギブスはしているが隊員できることになったシジン。

 

今日1日は主治医ではなく彼女として接してあげるということでモヨンが車いすを押しながら外に出かけます。

 

シジンが楽しそうに聞いている音楽を自分も聞くと言いだし、ヘッドフォンを奪いますがその時に車いすの持ち手を放してしまいシジンは坂の下まで車いすごと落ちてしまいます。

 

その頃、デヨンはミョンジュを呼び出し一緒にごはんを食べます。

 

別れをつげてからミョンジュはデヨンにつめたくあたり、

「どうしてごはんを食べようと言ったのか」

今自分たちがどんな関係なのか」を聞きます。

 

デヨンは

「(心は)ミョンジュのもとに向かっている途中」

だと言いますがミョンジュが望んでいた答えではありませんでした。

結局次に会う時までに納得のいく答えを持って来いといって別れます。

 

アルファチームの隊員キムギボムはシジンやデヨンや仲間からの応援を受けて試験会場に向かいました。

 

その時アルファチーム隊員に作戦命令が下されます。

 

しかし転役申請書を出していたジングには命令がありませんでした。

 

部隊に戻ったアルファチームは作戦遂行の準備中ですが、ジングはミョンジュの父である司令官に呼ばれます。

 

%ef%bc%91%ef%bc%95%ef%bc%8d%ef%bc%91

 

デヨンの代わりに行く人がいないので作戦にいくならアルファチームに投入するが、嫌なら今すぐ転役申請書を受理すると言います。

 

そしてデヨンはアルファチームに入ることを申し出ると、元気に帰ってきたらミョンジュと3人でお茶でも飲もうと、ミョンジュとのことも許します。

 

そしてデヨンがその場を去ると、司令官は転役申請書を破りました。

 

 

 

デヨンはミョンジュの家のドアノブに自分の認識票(軍番のペンダント)を置いて行きます。

 

さらに3か月もの長い作戦のため、シジンはモヨンにしばらくお別れの挨拶をしに行きます。

 

そして絶対に怪我なく無事に帰ってくるというシジンの言葉にモヨンも安心します。

 

%ef%bc%91%ef%bc%95%ef%bc%8d%ef%bc%92

 

別れてからはその日1日の出来事をメッセージでシジンに伝える毎日。

 

季節が変わろうとすると会いたくなりますが、お互いの仕事を一生懸命こなし、寂しさを乗り越えようとします。

 

 

しかし、向かった地域で民間人の救助に成功した後、ヘリ機を待っているときに致命的な銃傷を受けてしまい、助けにいったデヨンまで怪我をしてしまいます。

 

%ef%bc%91%ef%bc%95%ef%bc%8d%ef%bc%93

 

そしてその場は爆発してしまい、先に出発していたアルファチームは2人を探しに戻りますが、死体さえも見つかりませんでした。

 

作戦から帰ってくる日が近づいているときにミョンジュはデヨンと一緒に旅行にいく計画を立てています。

 

しかしそこでデヨンが戦死したとの知らせを聞いてしまいます。

 

病院にいたモヨンも同じくシジンが戦死したと知らされます。

 

そしてシジンが書いた遺書をもらいます。
遺書を読むとモヨンは走ってどこかに向かいます。

 

%ef%bc%91%ef%bc%95%ef%bc%8d%ef%bc%94

 

ミョンジュは父のもとに行き、本当にデヨンが戦死したのかを確認します。

 

そしてデヨンが残した遺書を渡そうとしますが、死を認めたくないミョンジュは受け取りません。

 

シジンの死が信じられないままミョンジュのいるところまで向かうモヨン。

 

ミョンジュが手にもっていたデヨンの遺書を見て、すべてが現実なのだと知らされます。

 

%ef%bc%91%ef%bc%95%ef%bc%8d%ef%bc%95

 

モヨンの家にアルファチームの隊員が訪れ、軍内でのことは口外しないでほしいといわれ、秘密維持の誓約書にサインをすることになります。

 

 

シジンが死んだと聞かされてから1年あまりモヨンは家にもろくに帰らず毎日手術や当直などで一生懸命仕事をしました。

 

そしてシジンの忌日に合わせて海外にボランティアに行く計画をたてます。

 

同じころ、ミョンジュは再びウルクに派兵されます。

 

 

仲の悪かったモヨンとミョンジュが男2人のおかげで友達になれ、海外に出発前に2人は一緒にお酒を飲みます。

 

そして気になっていたシジンとデヨンの出会いについてミョンジュに聞きます。

 

 

1人の女のせいで始まった2人の出会い。

雨が降っているのでと、シジンがデヨンを飲みに誘います。

 

 

ミョンジュの命令通り、自分とミョンジュが付き合っていることをシジンに伝えるデヨン。

 

ミョンジュを異性として見ていないシジンは、それが嘘だと分かっていましたが、これからは敵ではなく味方として仕事しようといいます。

 

 

2人の出会いを聞いた後家に帰ったモヨンはシジンとの思い出がよみがえってきて涙が止まりませんでした。

 

%ef%bc%91%ef%bc%95%ef%bc%8d%ef%bc%96

 

シジンの忌日を記念してアルバニアに一人医療ボランティアとしてきたモヨン。

 

ウルク時代に会ったこともあるダニエルと久しぶりに再会します。

 

 

そのころウルク部隊に派兵されたミョンジュは1年がすぎた今もデヨンの遺書を読まず、これからも読まないことを念に押します。

 

ウルクでは下っ端だったギボムが中隊長になっており、久しぶりにミョンジュにラーメンを作ってあげます。

 

ラーメンを食べていたとき、ウルクでは珍しく雪が降り始めます。

 

 

シジンを思い出しながら以前もらった石と花をまつろうとしますが、風がつよく石がすぐ落ちてしまいます。

 

その時、急に無線から声が聞こえモヨンはびっくりして無線機を落としてしまいます。

 

%ef%bc%91%ef%bc%95%ef%bc%8d%ef%bc%97

 

自分がシジンに送ったメッセージをもう一度開いてみると、今まで未読だったものが全て既読に。

 

そして後ろを振り向くと自分の元に向かってくるシジンの姿が見えました。

 

モヨンも走りながらシジンに駆け寄りますが途中でこけてしまいます。

 

ついに2人は再会。

今まで連絡できずに悪かったと言いながら再会を果たします。

 

%ef%bc%91%ef%bc%95%ef%bc%8d%ef%bc%98

 

15話でのセリフポイント♪

 

 

デートの予定の日、ヘソン病院にシジンが迎えに来たときのモヨンの一言。

 

モヨン

「우리 약속 2시간반이나 남았는데 또 일찍 왔네요.전처럼.」

「ウリ ヤクソク トゥシガニナ ナマンヌンデ ット イルチッ ワンネヨ。ジョンチョロム。」

「約束時間まで2時間半もあるのに、また早く来たんですね。前みたいに。」

 

 

☆POINT☆

 

~(이)나:

今回は数字と一緒につかい(予想の限度を超えた)「~~も」の意味で。列挙「~~や」の意味でもよく使われます。

남다:

物が「残る・余る」などの意味や「(その場に)とどまる」の意味にもなります。

일찍:

「早く・早めに」の意味で使います。

 

3か月と言って別れた2人は結局そのまま1年近く会えなくなりますがこの時はまだ知りませんよね。

 

15話ラストで遺書を読んで死を受け入れようとしていたところにシジンが生きて帰ってきます。

 

16話最終回どのような展開になるのか楽しみですね。

 

 

14294

 

 

<

 

 

 

管理人が運営するネットショップ★

韓国から送料無料!

k-selectshop

 - 韓国ドラマ