Live in Korea~韓国生活情報ブログ~

韓国に住むライターが書く、韓国情報のおすすめです★

*

韓国ドラマ☆太陽の末裔のあらすじをブログで紹介~9話~

      2016/09/08

 

太陽の末裔 9話目 ~~あらすじ~~

 

ついにシジンに自分の気持ちを知られてしまったモヨンは、恥ずかしさのあまりシジンから逃げ回ります。

 

さらには医療チームの仲間からもからかわれる始末…

 

シジンを避けている時、ミョンジュに出くわし真剣に問いかけるモヨン。

 

モヨン

中尉さん(ミョンジュ)。自分の彼氏がしてる仕事、気にならないの?怪我したり居なくなったり…怖くないの?」

 

ミョンジュ

「でも私はあの人がしてる仕事よりもあの人と離れてることの方が怖いです。だから同じ空の下にいる今は怖いものがないんです。」

 

ミョンジュの深い思いにモヨンは考えさせられます。

 

9-1

 

次の日の朝。

 

いつもと変わらず早朝ランニングをする軍人たち。

 

チーム内での下っぱが「ユ大尉(ユシジン大尉)!!!」と叫ぶと名前に反応したモヨンはその場から逃げようとします。

 

逃げ切って安心した矢先、モヨンの隣にはシジンの姿が…

 

 

昨日の今日、モヨンの気持ちをしったシジンは

「自分の気持ちがバレたからって負けたって思っちゃだめですよ。どっちみち俺の方がもっと好きなんだから」

 

9-2

 

と堂々と告白。

 

それに対しまんざらでもない様子のモヨン。

 

シジンとモヨンは連合会議を終え部隊に戻る途中、いきなり地雷が爆発して困惑状態に。

 

地震が原因で埋まっていた地雷が出てきている様子。

 

地雷を踏まないよう脱出しようとします。

 

慎重になりながら地雷の位置を表示し、ヒッチハイクでその場を去ります。

 

9-3

 

トラックの荷台にのり帰る途中、再び真剣な話を始めます。

 

シジン「韓国に戻るメンバーのリストにカン先生(モヨン)もいるんですか?」

 

モヨン「ないですよ。私帰りません」

 

シジン「どうして?俺のせいじゃないとして…
    あ、俺のせいか。俺と少しでも一緒にいたくて…?
    いま、俺告白したっぽいんですけど、謝りましょうか?」

 

と冗談をかましながらも嬉しさを表現するシジン。

 

翌日、ウルク部隊に司令官(ミョンジュ父)が訪問するとのことで朝から忙しい軍人たち。

 

シジン・モヨン・デヨン・ミョンジュの4人と対面する司令官。

9-4

 

司令官はミョンジュの父としてシジンに問います。

 

司令官「一度もうちの娘を女としてみたことがないのか?」

 

シジン「ユンミョンジュ中尉は一番大切な後輩です。しかし。一度も女として見たことはありません」ときっぱり答えます。

 

モヨンとシジンは先に退室し、

司令官とミョンジュ・デヨンの3人で話すことに。

 

 

司令官は2人にお互いに対する気持ちをもう一度確認します。

 

ミョンジュには先に出てもらい、二人きりになった司令官がデヨンに対して

 

司令官

「気持ちはよくわかった。私の気持ちを離そう。結論から言うとミョンジュと付き合ってもいい。もちろん結婚まで考えて下した決断だ」

 

「しかし軍服を脱ぎなさい。ミョンジュの親戚の会社に入って仕事をしなさい。派兵が終わる日まで悩んで韓国に戻るときには決断して戻ってこい。つないだ手を離すか…ミョンジュに相応しい男になるか…」

 

と条件を付きつけました。

 

9-5

 

一方、シジンとモヨン道端で伝染病である麻疹にかかった子供を見つけますが、すでに村全体に伝染している状態でした。

 

9-6

 

鬼村…戦争で孤児になった子供たちが集まっている村ですが、ギャング達が人身売買のために拉致監禁している地帯でした。

 

1人の少女はシジンとモヨンに、この村から連れ出してほしいと頼みます。

 

その時、アグスが登場。ギャング達を仕切っている頭でした。

 

シジンとアグスが話をしているとき突然、アグスは銃に打たれ倒れ込みます。

 

さっきの少女がアグスに銃を向けていました。

 

実はアグスに売り飛ばされそうになっていた子なのでした。

 

少女はアグスを殺すように訴えますが、アグスは医者であるモヨンに自分を助けるよう話します。

 

9-7

 

この状況をどうしていいか分からず混乱に陥るモヨン。

 

モヨン

「助けないでおく?そのままにして…私が(アグスを)助けたら、もっと多くの人が死ぬかもしれないでしょ」

 

シジン

「助けてください。あんたは医者としての仕事をして。殺さなきゃいけない状況になったら俺が殺すから」

 

危険な状況であるにも関わらず敵を助けろというシジン。

 

この状況にモヨンはどう立ち向かうのか…

 

10話に続く

 

 

9話でのセリフポイント♪

 

ミョンジュの父に条件付きで付き合う事を許してもらえたデヨン。

 

ミョンジュは「デヨンが軍人をやめる」という条件付きだということは知らず、ただよろこびます。

 

ミョンジュ

「아 왜지,뭐지,어떡하지? 아빠 혹시 암인가? 시한부 선고같은거받으신고아냐? 전화드려봐야겠다.난 목소리만 들어도 딱 알거든.진심인지 아닌지.」

 

「ア、 ウェジ、モジ、オットカジ?アッパ アミンガ?シハンブ ソンゴガットゥンゴ パドゥシンゴアニャ?チョナトゥリョバヤゲッタ。ナン モクソリマン トゥロドタッ アルゴドゥン。チンシミンジ、アニンジ」

 

「え、どして、なんで?どうしよう…パパ癌かな…余命宣告とか受けたんじゃない?電話しなきゃ。あたし声聞いただけでわかるもん。真意なのかどうなのか。」

 

日本人からすると韓国語って結構大胆に不謹慎な冗談を言いますよね。(笑)

 

表現の違いなのでそれはそれで面白いですが…^^

 

 

☆POINT☆

 

~ㄴ가:「~か」「~のか」疑問文の時に使いますが、相手に問いただす時より独り言に近い表現です。

~아야겠다:「~ねばならない」「しなければならない」は「~해야겠다」

 

~ㄴ지:~か「~인지 아닌지(かどうか)」までセットで使う事も多いです。

 

 

太陽の末裔は軍人がメインのドラマなので言葉づかいも他のドラマとは少し違いますが、その時々で出てくるタメ口や言葉使いにキュンキュンしてしまいますね。

特にジングさんはあまり崩した話し方をしないので、普段の言葉づかいに戻った時のギャップ!!!

 

見どころです!

 

 

14294

 

 

<

 

 

管理人が運営するネットショップ★

韓国から送料無料!

k-selectshop

 - 韓国ドラマ